ぴよちゃんのお料理ブログ

袋を振って、小麦粉をまぶす!ピーマンの肉詰め!


16


こんにちは。ぴよちゃんです。

今日は、ハンバーグの残りを使ってピーマンの肉詰めをつくっていきます。

今までは、茶こしを使ってピーマンに薄めに小麦粉をまぶしていました。
お肉がはがれないように。
…いつも何個か肉離れしてしまいます。


何か、肉離れをしないようにつくるためのコツはないものか…?
ネットで検索しました。気になったのは、この3つ。

★ピーマンのヘタは残して、種を取り除く
★ピーマンの水気はしっかりとる
★ビニール袋に小麦粉・ピーマンを入れて振って、まんべんなく小麦粉をつける

いつもピーマンのヘタ…というより上部は切り落としていました。
種がとりやすいからです。
ヘタはとらない方が良いのでしょうか?


14


結局、気になったのでピーマンのヘタをとってしまいました。
ギリギリの線を狙ったからか、ピーマンの形がしっかり残っています。
きれいです。水気はしっかりとりました!

その後、ビニール袋の中に大さじ1杯の小麦粉とピーマンを入れて振ります。
これで均等に粉がつくそうです。


15


想像よりもしっかり厚めに小麦粉がつきました。
不安になったぴよちゃん…指でピーマンの表側についた小麦粉をはらいます。

ハンバーグの残りを隙間がないようにしっかりピーマンに詰めます。
肉側を下にしてフライパンへ。焼いていきます。

ソース大さじ2・料理酒大さじ1・みりん大さじ1・水1/2カップを入れて、蓋をします。

火が通ったので、蓋を取ると…ピーマンの表側がきれいな緑色に!
小麦粉で衣みたいになるのではと心配していたのですが…杞憂でした。


16


たれを煮詰めて完成!

あまり煮詰めなかったので、ソースが薄かったです。
粗挽き胡椒をかけて食べました。
煮詰めるところはちゃんと煮込まないといけなかったですね。

肉離れせず、しっかりした肉詰めができました。今回の目的は達成!
ピーマンの食感も良かったです。
[ 2014/10/12 23:08 ] 肉料理 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...